Thoth Children!!|
新規Thoth投稿
Austin moving-knifeの手順
Austin moving-knifeの手順は、二人ないし複数人でリソースを厳密に公平に分ける分割手法です.二人で分ける時には恨みっこなし(envy-free)の半分の成果物がそれぞれ得られます.
PV 69
Fav 0
2018.10.20
Selfridge–Conwayの手順
Selfridge–Conwayの手順は、三人でケーキを公平に分割し三人とも恨まずに本人が一番よい選択をしたと思える分割手法の一つです.
PV 19
Fav 0
2018.10.20
Divide and Choice
Divide and Choiceは、真に公平になることを保証しないが、単純に恨むことがない分割をすることができる手法.ケーキの場合、Aが切り、Bが好きな方を選び、残った方をAが受け取る段取り.
PV 48
Fav 0
2018.10.20
Thue-Morse列
Thue-Morse列は、数を数え上げていくときにその数字を2進数で表記した時の1の偶奇を並べた列.
PV 48
Fav 0
2018.10.20
紙折り列
紙折り列(folding sequence)は、紙を繰り返しおったときにできるシワの山折、谷折りを1,0で表した数列.山または谷で90度曲げたとして、紙を水平に見ようとすると有名なドラゴン曲線になることが知られる.
PV 23
Fav 0
2018.10.20
バーカー符号
バーカー符号(Barker Code)は、同期やパルス圧縮などに用いられるサイドローブにて自己相関の低い符号.最大13の長さまでであることが知られる.
PV 172
Fav 0
2018.10.18
1が立ってる最下位bitを見つけたい
ビット列の中から1が立っている位置を高速に見つけるアルゴリズムについて紹介します.
PV 95
Fav 0
2018.10.18
最下位の1が立つbitだけ残したい
高速にビット列が与えられたときに1が立っているビットの中で最下位の1だけを残して他のbitを全て0にする方法についてまとめます.
PV 33
Fav 0
2018.10.18
De Bruijn列
De Bruijn列(ドゥブリュエイン列)はある文字または数字の集まりから指定長さの組み合わせを考える時に、それらの組み合わせを必ず一つ含む列."a,b"を使った3文字の列を考えると、"aaa","aab","aba","baa","bbb","bba","bab","abb"なので"aaababbbaa"がDe Bruijn列.
PV 126
Fav 0
2018.10.18
ミンコフスキー和・差
ミンコフスキー和・差は、二つのベクトルの集合同士を使って新しいベクトルの集合を求める.
PV 133
Fav 0
2018.10.16
適応的二値化フィルタ
通常の二値化フィルタでは画像全体で共通の閾値を使っているが、適当的二値化フィルタ(Adaptive Thresholding)では局所的に閾値を決定して処理を行なう二値化フィルタ.背景と前景が判断できるようにある程度考慮するサイズは大きい必要がある.
PV 372
Fav 0
2018.10.16
反復閾値選択による二値化フィルタ
反復閾値選択による二値化フィルタは、2クラスのクラスタリングによって繰り返し計算を行いながら閾値を定める二値化フィルタ.K-meansのように二つのクラスのうち近い方に画素を分類をする.二つのクラスで分散が等しくないとよい閾値にならない.
PV 114
Fav 0
2018.10.15
Kittlerによる二値化フィルタ
Kittlerによる二値化フィルタは、背景と前景に二つの異なる正規分布を仮定して平均的に誤り率を下げるように閾値を調整する二値化フィルタ.大津の方法では、片方の分布が偏っている場合は閾値が極端に寄ってしまっていたが、Kittlerの方法ならその問題が起こらない.
PV 182
Fav 0
2018.10.15
Pタイル法による二値化フィルタ
Pタイル法による二値化フィルタは、閾値を前景と背景の比率に基づいて決めるフィルタです.明るさの変化を受けにくいですが、どのような比率にするかを人手で決める必要はまだあります.
PV 302
Fav 0
2018.10.14
大津の方法による二値化フィルタ
大津の方法による二値化フィルタは、画像内に明るい画像部位と暗い部位の二つのクラスがあると想定して最もクラスの分離度が高くなるように閾値を自動決定する二値化フィルタ.人間が事前に決める値はない.
PV 481
Fav 0
2018.10.14
シンプルな二値化フィルタ
シンプルな二値化フィルタは、画素の値がある値(閾値)より大きければ1、小さければ0とするフィルタ.入力画像はグレースケール画像を想定.
PV 49
Fav 0
2018.10.14
RRT-Connect
RRT-ConnectはRRTを用いてコンフィギュレーション空間における高次元空間の探索を効率よく行い、スタートからゴールまでのパスを見つけるアルゴリズム.
PV 99
Fav 0
2018.10.14
RRT
RRT(Rapidly-exploring Random Tree)は高次元空間における探索を効率的に比較的高速的に行うことのできる探索手法.これを用いて自由度の高いロボットアームの軌道探索や経路探索などが行われることが多い.アルゴリズムがシンプルで実装も容易.
PV 110
Fav 0
2018.10.14
タスク空間
タスク空間は、ロボット工学においてタスクを表現する上でもっとも自然な座標系を用いて表現した空間のこと.例えばある軌道でボールを動かしたいときは、(x,y,z)の座標系、剛体の位置を制御したいときは、姿勢を含めて(x,y,z,θ,γ,ψ)の6座標を使って表現する.
PV 78
Fav 0
2018.10.14
コンフィギュレーション空間
コンフィギュレーション空間(C-Space, Configuration Space)はロボットの経路計画、軌道計画等を考える上でロボットが取りうる姿勢や位置、関節角度等を表現する空間のこと.自由度が高いロボットではコンフィギュレーション空間が高次元になり、計算量が膨大になる.コンフィギュレーションとはロボットのパラメータの値を全て指定したもので、コンフィギュレーション空間はロボットが取りうる全ての値を指す.
PV 273
Fav 0
2018.10.14
Pop技術
  • K
    インピーダンス制御
  • S
    GAN
  • K
    点が三角形の内側か判定したい
  • S
    ニューラルネット学習の工夫
  • K
    同次変換行列
  • S
    ロボットの力制御の種類
  • K
    行列を分解して上下三角行列が欲しい
  • S
    ニューラルネットワーク
  • K
    多変数関数の極大極小を判定したい
  • S
    Convolution
  • K
    ヤコビ行列による逆運動学
  • S
    点群から検出したい
  • K
    シンプルに逆行列を求めたい
  • S
    RELU系活性化関数
  • K
    シャドウグラフによる可視化
  • S
    重力補償機構
  • K
    アドミッタンス制御
  • S
    点群をデータ構造で持つ
  • K
    ヘッセ行列
  • S
    DeepLearningとは
  • K
    時系列間の類似度計算を選ぶ
  • S
    活性化関数基本
  • K
    文字列を簡単な置換による暗号化したい
  • S
    Sigmoid系活性化関数
  • K
    ベクトルを別のベクトルに射影したい
  • S
    Pooling
  • K
    ピンホールとレンズの違いを知りたい
  • S
    Adam系最適化関数
  • K
    点が直線上の右か左にあるか判定したい
  • S
    特殊な層
  • K
    Relu活性化関数
  • S
    点群を間引きたい
  • K
    グレンジャー因果検定
  • S
    ロボットエンドエフェクタの位置制御
  • K
    点群データから法線算出をしたい
  • S
    逆運動学
  • K
    点群から最近傍点を検出したい
  • S
    ベクトル間の類似度が欲しい
  • K
    ベクトルを特定の平面に射影したい
  • S
    点群から特徴量を出したい
  • K
    点群を平面に近似したい
  • S
    オプティカルフロー
  • K
    Global Average Pooling層
  • S
    CNN
  • K
    確率分布間の差異で類似度を求めたい
  • S
    二値化フィルタ
  • K
    パーティクルフィルタ
  • S
    気体の可視化手法
  • K
    シュリーレン法
  • S
    ResNet
  • K
    大津の方法による二値化フィルタ
  • S
    決定木学習
  • K
    グラッドストーン・デールの式
  • S
    最適化関数基本
  • K
    擬似逆行列
  • S
    いろいろな距離が欲しい
  • K
    コサイン類似度でベクトル間距離を求める
  • S
    ソフトマックス系活性化関数
  • K
    二次元点群から凸包を求めたい
  • S
    SGD系最適化関数
人気分野/目的
SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加