K
Edition: 1
点群から統計的に外れ値除去したい
点群から各点データから求められる統計値を基準に外れ値除去をする方法についてまとめます。各点において近隣の点との関係から特徴量を出してその統計情報から外れ値かどうかを判断します
  • 2018.04.25
  • 83
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
メッシュから点群を生成する
複数の三角形の組み合わせで表現されるメッシュファイルから点群を生成する方法についてまとめます。メッシュファイルは三角形を組み合わせて表面を表現しています。その表面から点データをサンプリングして点群を生成します。
  • 2018.04.25
  • 47
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群から単純な外れ値除去したい
点群データから最も単純な外れ値処理をする方法についてまとめています。センサにもよりますが、一般的にセンサから入力されるデータには多くの場合ノイズが混じっており外れ値が多いため、それらを除去する必要があります。
  • 2018.04.25
  • 90
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群を距離の範囲で間引きたい
点群の点データ数を減らす際に、処理をしない空間にある点群を取り除くことで間引きます。
  • 2018.04.25
  • 54
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点同士の距離を求めたい
特定の点同士の距離を求める方法についてまとめます。ユークリッド距離やマンハッタン距離など有名なものについての紹介です。
  • 2018.04.25
  • 34
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ユークリッド距離を使う
距離と端的に行った場合、通常ユークリッド距離のことを指し、最も一般的に距離として使われる。二つのベクトルを入力の二乗和平方根で与えられる距離です。
  • 2018.04.25
  • 38
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群を等間隔で間引きたい
点群データを等間隔で間引く方法についてまとめます。点群データは生データでは詳細過ぎて不必要に処理を重くすることがあります。全体の3次元的な構造の意味を失わずに点群数を減らすことがしばしば求められます。等間隔に間引くことで比較的全体の構造を維持することができます。
  • 2018.04.24
  • 88
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像の白ゴマノイズを除去したい
画像の中に白ゴマノイズと言われる小さな点々が写ることがあります。これらノイズを除去する方法についてまとめます。
  • 2018.04.09
  • 17
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
メディアンフィルタ(MedialFilter)
画像の特定の領域から対象の画素の中央値で画素を置き換えていくフィルタを中央値フィルタ(メディアンフィルタ/Medianフィルタと呼ぶ.エッジがぼけないことが特徴.ソートを行うため,工夫及び実装次第だが処理速度が他フィルタより劣りうる.
  • 2018.04.09
  • 22
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
平均化フィルタ
画像内の特定領域の中で画素値の平均を使って画素値を更新するフィルタ処理.このフィルタは領域内の平均をとるだけのシンプルなもので高速.ぼけたような画像が出力されることになります。
  • 2018.04.09
  • 48
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群同士の差分を検出したい
二つの点群同士の差分を検出する方法についてまとめます。二つの点群をセンサから取得するとき、小数点まで一致することはまずありません。なので幾らか同一とみなす距離が必要があります。
  • 2018.03.23
  • 88
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群から最近傍点を検出したい
ある点や点群に含まれる点と最も近い最近傍点を検出する方法について幾らか紹介します。検出する方法の違いには速度があります。
  • 2018.03.23
  • 130
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群処理をライブラリを使って実装する
点群処理をライブラリを使って実装する方法についてまとめます。点群処理として最も有名なライブラリの一つはPointCloudLibrary.
  • 2018.03.22
  • 36
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像内の単体一般物体のクラスを認識
画像内に映る単体の物体に関してどの物体であるかのクラスを推定します。処理速度が遅いものから速いものまで存在します。
  • 2018.01.15
  • 15
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像内の複数物体の位置と種類を認識
画像内の複数物体の位置と種類を推定、計算するアルゴリズムについてまとめます。近年はDeepLearningによる検出が高い精度を出せています。
  • 2018.01.15
  • 24
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像に映る顔の位置を認識したい
入力された顔画像から人の顔の位置と大きさを検出するための技術についてまとめる。 位置と大きさがわかることで、人の顔の認識(個別顔認識)をすることができるようになる。 古典的な画像処理による顔検出からDeepLearningによる顔検出まで様々な技術に関してメモ書きレベルで書き留めておきます。
  • 2018.01.13
  • 14
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像に映る顔を認識するためのデータセット
画像に映る顔を認識するためにはあらかじめ人の顔を認識する訓練をしなくてはなりません。そのためのデータセットが必要になります。顔認識の技術発展は活発になっているので、
  • 2018.01.13
  • 23
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
画像に映る人の顔が誰かを認識したい
画像に映る人の顔が誰かを認識する時に使用する技術に関してまとめます。いわゆる顔認識、顔の検出自体はされていることが前提。近年はDeepLearning等を用いて高精度に人の顔を判別することができ、SNSなどにおいて積極的に導入されている。
  • 2018.01.13
  • 29
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
UML
UML(統一モデリング言語)は主にオブジェクト指向の設計等において用いられるモデリング言語の一つ。UMLのダイアグラムには、クラス図、ステートマシン図、シーケンス図などがある。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ウォーターフォール開発
ウォーターフォール開発は設計、実装、テストの各工程を進めていく。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
コンディションカバレッジ
コンディションカバレッジは複数の条件を組み合わせた場合のプログラムの網羅率。ブランチカバレッジよりさらに厳しめのカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブランチカバレッジ
全ての条件分岐を通るように実行したカバッレジ。ステートメントカバレッジより網羅率の高いカバレッジ。
  • 2018.01.04
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ステートメントカバレッジ
ステートメントカバレッジは全ての命令文の中で実際に実行した割合。カバレッジの中でも簡単な計測指標で網羅率は低い。
  • 2018.01.04
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
カバレッジとは
カバレッジとはプログラムにおける特定の項目に沿ったときの網羅率を示す。代表的なものに、ステートメントカバレッジ(C0)、ブレンチカバレッジ(C1)、コンディションカバレッジ(C2)がある。
  • 2018.01.04
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
XP(エクストリームプログラミング)
XP(エクストリームプログラミング)は少人数の開発に適用しやすいアジャイル開発手法の一つ。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
スクラム
アジャイル開発手法の一つ。共通のゴールに向かってチームで作業を進めていくことを重んじ、ソフトウェアの開発手法に止まらない。
  • 2018.01.03
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
アジャイル開発
アジャイル開発は短い開発期間を繰り返して機能を開発する方法。開発期間はイテレーションと呼ばれ約1~4週間ほど。実際の開発手法としてXPやスクラムがある。
  • 2018.01.03
  • 12
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
動的テスト
ソフトウェアを実行して行うテスト。一般的に動的テストはテスト工程で行う。静的テストとは異なり直接的にソフトウェアの品質を保証する。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
静的テスト
ソフトウェアを実行することなく行うテスト。仕様書、静的解析、レビュー等の確認よりデバッグ等全般を指す。
  • 2018.01.03
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
システムテスト
システムテストは最終成果物に近い段階で、ソフトウェアの様々な要求項目が満たせているかを確認するテスト。テストの種類には、"確認テスト","評価テスト","負荷テスト"などがあげられる。非機能テストも含まれる。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
機能テスト
機能テストはソフトウェアの機能を適切に実行できているかを確認するためのテスト。ユニットテストよりも広い範囲で確認する。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
結合テスト
複数のモジュールを組み合わせたときの動作テスト。単体テストでは各モジュール単体での動きについて確認を行ったが、次の段階ではそれらを連携させた状態での確認を行う。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
単体テスト
ソフトウェアの最小単位であるモジュールごとに行う単体のテスト。コーディングされたソフトが論理構造的に仕様通りになっているかを確認する。 この工程では、機能確認テストを行う。
  • 2018.01.03
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブラックボックステスト
ブラックボックステストは中身の論理構造を意識せずに確認するテスト。入力データと出力データのみに注目して動作が仕様通りかを確認する。ユーザ視点での動作テスト。
  • 2018.01.03
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ホワイトボックステスト
ホワイトボックステストは中身の論理構造を理解しながら確認するテスト。中身の分岐や条件等を意識して網羅的なテストを行う。
  • 2018.01.03
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
コーディング
設計した内容をもとに実際にコーディングする工程。
  • 2018.01.03
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
詳細設計
詳細設計では、基本設計を元に内部仕様を主としたソフトウェアの詳細設計を行う。コードレベルで必要となる各処理の詳細な仕様を決め、モジュールごとに整理して設計します。
  • 2018.01.03
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
基本設計
基本設計ではソフトウェアの大きなシステムの設計を行う。要件定義において定義された項目に即して、システム全体の設計と機能を整理する。
  • 2018.01.03
  • 5
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
要求定義
ソフトウェア開発を進める上でどういった要望を実現する必要があるかをまとめ、ソフトウェアで望まれている要求項目を整理する工程。ユーザやクライアントから必要なことをヒアリング等を行う。
  • 2018.01.03
  • 4
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
W字モデル
ソフトウェアの開発においてV字モデルを改良したソフトウェア開発プロセスのモデル。V字モデルとは異なり開発工程とテスト工程を並行する。
  • 2018.01.03
  • 13
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
V字モデル
ソフトウェアの開発においてテスト工程を開発工程とテスト工程で対応させたソフトウェア開発プロセスのモデル。開発工程には「要求定義」、「基本設計」、「詳細設計」、「コーディング」、テスト工程には「単体テスト」、「機能テスト」、「システムテスト」が含まれる。
  • 2018.01.03
  • 24
  • PV
  • 0
  • Fav