<<展開

消火の4要素

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

消火の3要素に燃焼継続を断つための抑制消火が加えられた消火の4要素と呼ぶ.消火器で最も普及している粉末消火器はこの抑制作用による消火を主としている.
ーポイントー
  • 消火の3要素に燃焼継続を断つための抑制消火が加えられたものを消火の4要素
  • 抑制消火は広く普及している消火器の消火方法

解  説

消火の3要素に燃焼継続を断つための抑制消火が加えられた消火の4要素と呼ぶ. 消火器で最も普及している粉末消火器はこの抑制作用による消火を主としている. ハロゲン化物の抑制作用(負触媒作用)を利用して可燃物の原子を不活性化させることによって燃焼の継続を抑制している. 抑制消火の特徴 他の消火方法より火の勢いを衰えさせる能力においては秀でており、 短時間で大量に噴射するほど効果を得られる. 一方で完全に消火せずに火元がわずかでも残ってしまうと再燃の可能性があるという欠点を持つ.
消火の4要素とは
他消火の3要素についてはリンクを参照
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す

知識: 消火の3要素
可燃物、酸素供給源、熱源の3つが全て存在しないと火は続かないためこの要素を消火の3要素と呼びます.それぞれの除去方法は除去消火、窒息消火、冷却消火と言います.