PCCPシェル

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

PCCPシェル(PCCL Shell, Pseudo-Cylindrical Concave Polyhedral Shell)は、円筒状のものにおいて表面を薄いままで外部からの力に対する強度をあげることができるシェル構造.このシェル構造によって内部を真空にする缶コーヒーなどで材料を減らし軽量化しつつ強度をあげることを実現している.大量生産が課題だった.
ー 条件 ー
  • 円筒状がベースの構造で使用可能
  • 使用するにはパラメータを3つ決める.(一周の三角形の数、等価円筒半径、材質厚さ)
ー 効果 ー
  • (場合によっては軽量化しつつも)表面を薄いままで強度を高められる構造
ーポイントー
  • 大量生産が以前は難しかった
  • 内部が真空で外力を常に受ける缶コーヒーや他缶酎ハイに採用されている
  • 座屈強度が高く、軸安定性も高いが、軸剛性が低い

解  説

PCCPシェル(PCCL Shell, Pseudo-Cylindrical Concave Polyhedral Shell)は、円筒状をベースにしたものにおいて通常の円筒形状より表面の材料を薄いままで外部からの力に対する強度をあげることができるシェル構造. このシェル構造によって内部を真空にする缶コーヒーなどで材料を減らし軽量化しつつ強度をあげることを実現している. このPCCPシェルは、破壊時に現れる吉村パターン(Yoshimura Pattern)と関連しており、吉村パターンと呼ばれたり、ダイヤカット、ダイアモンドパターンと呼称される. 大量生産が課題であったため長く実現されてこなかった. 特徴は 座屈強度が高い 軸剛性が低い 軸安定性は高い また飲料缶としてのメリットとして表面に凹凸ができることでグリップ性があがっているとも言われる.
PCCPシェル(PCCL Shell, Pseudo-Cylindrical Concave Polyhedral Shell)とは
PCCPシェルでは、パターンは二つ三角形のみを用いて面を構成する. それらの面を一周上下を交互にしてはり合わせる. このPCCPシェルの構造を決定するパラメータは全部で3つあり、 ・等価円筒の半径 ・一周するときの三角形個数 ・材質厚さ
他PCCPシェル特徴
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す