開世界仮説

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

開世界仮説(Open World Assumption)とは、まだ真または偽とはっきりしない事柄について真かもしれないという導出を行う仮説.データベースなどは十分なデータがあって不足はないと考えられるため、閉世界仮説を使用するが、Semantic Webなどにおいては開世界仮説を使用する.
ー 条件 ー
  • 不完全な情報の集まり
ーポイントー
  • どんなシステムも完全に知っていることはないという前提
  • データベースなどはデータが完全に揃っていることが多いため閉世界仮説を使う
  • Webオントロジーなどではデータが不完全なことが多いため開世界仮説を使う

解  説

開世界仮説(Open World Assumption)とは、まだ真または偽とはっきりしない事柄について真かもしれないという導出を行う仮説. データベースなどは十分なデータがあって不足はないと考えられるため、閉世界仮説を使用するが、Semantic Webなどにおいては開世界仮説を使用する. 開世界仮説は拡張性があるのが特徴である一方で条件などは扱いにくい
開世界仮説(Open World Assumption)とは
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す