グラッドストーン・デールの式

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

グラッドストーン・デールの式(Gladstone-Dale Relation, rule)は、気体による定数を用いて密度と屈折率を関連づける式.
ー 条件 ー
  • 気体、液体、ガラス、鉱物などに適用可能
ー 効果 ー
  • 気体の濃度と屈折率の関係を求められる
ーポイントー
  • Gradstone-Dale定数は気体の種類および波長によって決まっている

解  説

Gradstone-Dale Rule(Relation)は以下のように記述される. Gradstone-Dale定数を\(k\), 気体の濃度を\(\rho\), 気体の屈折率\(n\)とすると $$k = \frac{n-1}{\rho }$$ となる.このGradstone-Dale定数\(k\)は気体固有のものである.
グラッドストーン・デールの式(Gradstone-Dale Rule, Relation)
上記のグラッドストーン・デールの式は主に以下において用いられる. ・気体流体の濃度 ・組成の決定 ・流体の光学解析 具体例としては水に含まれているエタノールの含有量の決定なども可能. またガラスや鉱物に対しても上記の式は適用できる場合があります.
グラッドストーン・デールの使用例
グラッドストーン・デールの式の概要
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す