カメラのみで気流を可視化したい

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

粒子などのトレーサーを流すことなく、レンズとカメラのみで気流を可視化する方法についてまとめています.最も有名な手法は、衝撃波の可視化などに用いられるシュリーレン法.他にシャドウグラフ(Shadow Graph)や干渉計を用いたものなどがある.
ー 条件 ー
  • 対象を観察するための場所が必要
ー 効果 ー
  • 気体・気流の状態を可視化
ーポイントー
  • 3手法ある.シュリーレン法が有名
  • 粒子やトレーサーを使用する必要がない

解  説

粒子などのトレーサーを流すことなく、レンズとカメラのみで気流を可視化する方法についてまとめています.最も有名な手法は、衝撃波の可視化などに用いられるシュリーレン法.他にシャドウグラフ(Shadow Graph)や干渉計を用いたものなどがある. ・シャドウグラフ(Shadow Graph) 点光源の影絵として撮像するかなりシンプルな構造. 微小な濃度の変化が他手法より鈍る.(ナイフエッジによってずれた光を遮らないため) ・シュリーレン法 密度が異なると屈折率が異なることを利用し、観察対象を平行線で囲み ナイフエッジで余計な光をカットにすることで、鮮明な気体の状態を映し出している. ・干渉計 マッハツェンダ干渉法やホログラフィ干渉法を用いて、屈折率の違いを可視化する. 等濃度の箇所を可視化する際、気体は濃度、温度、圧力によって濃度が代わりため、 温度と圧力を一定にすることで、濃度を直接可視化することができるようになる.
カメラのみで気流を可視化したい
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す