One Part Code

Facebookシェア Twitterツイート LINEで送る Googleシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
この章を学ぶ前に必要な知識
Up
0
Down

要約

概要

One Part Codeは単語と対応するコードが双方アルファベット順に対応している暗号化方式.どちらも順番になっているため、一部単語がわからなくても前後から推測が可能.
ー 条件 ー
  • 順序をつけられる入力単語
ー 効果 ー
  • 簡単な単語の置換による暗号化
  • 一つの暗号表で容易に暗号化復号化可能
ーポイントー
  • 単語もコードもアルファバット順や数字順になれる必要がある
  • 解読時に前後から推定、絞り込みができてしまう
  • 十分に割り当てるコードがないと新しい語を加えるのが難しくなっていく

解  説

One Part Codeは単語と対応するコードが双方アルファベット順に対応している暗号化方式. 単語もコードもどちらも何らかの順番(アルファベット順や数字順)になっているため、一部単語がわからなくても前後から推測が可能となりうる. 実運用をする上で、対応するペアが多い場合は暗号表(codebook)が必要となる. 特徴 ・十分に使えるコードがないと、単語によって使える範囲が限られてしまうため、割り当てるのが難しくなっていく. ・解読側が容易に推定できるようになってしまう. ・一つの暗号表があれば用意に暗号化、復号化することができる.
One Part Codeとは
One Part Codeの概念図
この章を学んで新たに学べる
Comments

Reasons
>>隠す