K
Edition: 1
点群を扱いやすく持ちたい
点群の処理をするにあたって、最近傍探索などは適切なデータ構造が用意されている。今回はそれらの点群処理目的とそれらに沿った手段についてまとめる。
  • 2018.04.22
  • 65
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群の様々なデータを持ちたい
点群はx,y,zのみの情報でなくほかにも様々な特徴を持つことができます。法線や色などをx,y,zの位置情報に加えることでセグメンテーションや近似を容易にしたり高精度にすることができる。ここではPointCloudLibrary(PCL)において実装されている特長量を主に紹介する.
  • 2018.04.22
  • 36
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
点群を画像形式で持ちたい
点群を二次元画像の形式でデータを表現する。通常のx,y,zで処理する点群より特定のケースにおいて高速に処理できることが特徴。多くのセンサで情報は画像データ形式で渡され、多くの場合処理後に形式が変わっていく。二次元画像形式で3次元情報を表現するため度々2.5次元データと表現される.
  • 2018.04.22
  • 95
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
KJ法
KJ法は川喜田二郎が考案した煩雑に集まった多くの情報をまとめ新たなアイディアを創出する際に使用する情報整理方法。ブレインストーミング後の情報を整理するときなどに用いられる。
  • 2018.04.22
  • 31
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ロジックツリー
原因の分析、解決法の分析、要素の分析を網羅的に出すための情報整理法。木構造の形で要素を洗い出せるところまで洗い出す。MECEを意識しながら整理する。
  • 2018.04.22
  • 11
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
MECE(ミーシー)
MECEは情報をグループにまとめる際に「もれなくだぶりなく」をルールとする概念。完全にダブらないようにできる情報のまとまりについてのみ上記の概念を適用できる。
  • 2018.04.22
  • 9
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
メモリーツリー
つながりのある知識を大量に記憶する必要がある場面等で、効率的に情報を暗記する方法。視覚的にも情報を把握しやすく、脳にとって理解しやすいと言われる。ドラゴン桜において紹介されたことで有名になった暗記法。
  • 2018.04.22
  • 7
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
マインドマップ
マインドマップは自身や複数人の構造的な関係で整理できる情報を中心に考え等を整理する手段。人間の脳が理解しやすい形でまとめられると言われ、広く採用される情報整理方法。複数のソフトウェアでマインドマップのツールが実装されている。
  • 2018.04.22
  • 6
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
なぜなぜ分析(5whys)
なぜなぜ分析は元々トヨタにて実践されてきた問題のなぜを繰り返すことで問題の真の原因を深堀りするための方法。本当の原因を洗い出すことでより直接的に効果のある方法を見つけ出すために行う。なぜを繰り返す回数は5回が当初の指標になっており5whysと呼ばれるが、必ずしてもこの回数は大切ではなく、あくまで真因を追究できること。
  • 2018.04.14
  • 19
  • PV
  • 0
  • Fav
K
Edition: 1
ブレスト(ブレインストーミング)
最も有名なアイデア出しの形式の一つ。複数人で進めるMtgになる。量を重視しお互いの意見を否定しないことで多くの観点の洗い出しと可能性を広げていく。
  • 2018.04.14
  • 8
  • PV
  • 0
  • Fav